ITS情報通信システム推進会議

私たちは情報通信技術を活用し、世界で最も安全で環境にやさしく経済的な道路交通社会の実現に寄与します。

RC-016「自転車・歩行者事故防止支援システム向け実験用通信メッセージガイドライン1.0版」の発行について

 


 本書は、自転車や歩行者の事故防止を目的に、路側機(インフラ)及び車両を対象に自転車・歩行者の存在情報を無線通信(700MHz帯及び Bluetooth)を用いて通知し、未然に事故を防ぐための実験用通信メッセージガイドラインを策定したものである。特に、信号のない交差点による飛び出し(出会い頭)事故を防止する事を想定し、その他にも車両による追い越し時の接触、車両右左折時の見落としといった様々なシーンでの活用においても効果を期待する。
 また、本ガイドラインは事故防止以外における用途(例:自動運転支援・見守り支援等)においても、可能であれば活用してもよい。


自転車・歩行者事故防止支援システム向け実験用通信メッセージガイドライン(ITS FORUM RC-016 1.0版)
 (1,572KB PDFファイル)

※この文書にはファイルが添付されています。