総会資料:郵政省報道発表 平成11年11月 5日(金) 五省庁がITSの全体概略設計図を策定 〜システムアーキテクチャ完成〜
一覧へ


警 察 庁
通商産業省
運 輸 省
郵 政 省
建 設 省


〜システムアーキテクチャ完成〜


1.ITS*関係五省庁(警察庁、通商産業省、運輸省、郵政省、建設省)は、平成
 11年11月5日に日本の
「高度道路交通システム(ITS)に係るシステム
 
アーキテクチャ」を完成させました。システムアーキテクチャについては、関係
 五省庁が8月6日に素案を公表しており、今回完成したシステムアーキテクチャは、
 その後、
広く一般からコメントを募り、これを反映させることによって完成
 せたものです。なお、コメントについては概ね肯定的意見であり、若干の補足的な
 記述追加等を求めるものが中心でした。

2.システムアーキテクチャは、いわば「ITSの全体概略設計図」であり、関係
 者間のITSに関する共通認識の形成、ITSの個別システムの基本設計に係る
 負担の軽減、標準化及びその結果としてのベンチャー等多様な企業の参入の促進
 などの効果をもたらし、我が国における
多様なITSの本格的な実現を一層加
 
します。

3.また、システムアーキテクチャに準じたITSの実用化・展開や標準化等の戦
 略的な推進は、欧米を中心として世界的な潮流となっており、今回システムアー
 キテクチャが完成したことにより、我が国におけるITSの取り組みが、諸外国
 との一層緊密な連携のもと戦略的に推進されることとなります。

4.完成したシステムアーキテクチャおよび頂いたコメント及び対応については、
 公表と同時に、
VERTIS(道路・車両・交通インテリジェント化推進協議会
 会長:豊田章一郎(社)経済団体連合会名誉会長)
のホームページに掲載します。

   【システムアーキテクチャへの御意見等はこちらまでお寄せ下さい】

       
VERTISホームページ: http://www.vertis.or.jp

   *ITS:Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)
【 問い合わせ先 】

 警察庁交通局交通規制課           吉 田 (代)03-3581-0141(内3931)
 通商産業省機械情報産業局自動車課ITS推進室 都 築 (代)03-3501-1511(内3351)
 運輸省自動車交通局技術安全部技術企画課   江 坂 (代)03-3580-3111(内6537)
 郵政省電気通信局電波部移動通信課      筬 島 (代)03-3504-4411(内4874)
 建設省道路局道路交通管理課ITS推進室    末 吉 (代)03-3580-4311(内3588)





別紙−1


   ITSに係るシステムアーキテクチャ(素案)に対する主な意見と対応

 ITSに係るシステムアーキテクチャ(素案)に対しまして、学識経験者16人、民間
企業1社、1団体より意見を頂きました。主な意見は以下のとおりです。

     
      主な意見      
       対応       
システムア
ーキテクチ
ャ全般に係
る意見
● 日本独自のシステムアーキテ
 クチャを策定した意義を記述す
 るべきである。


● 第I編1.4「システムアーキテ
 クチャ策定の必要性」の部分に
 、我が国独自のシステムアーキ
 テクチャの必要性の観点を加え
 る。
● 社会ニーズ変化や技術進歩に
 対する柔軟性の確保のためには
 、システムアーキテクチャの更
 新のタイミングについて記述す
 るべきである。
● どういう場合にシステムアー
 キテクチャの見直しが必要かに
 ついて、第I編2.2「システムア
 ーキテクチャ策定の考え方」に
 記述する。
● 民間、特にベンチャー企業に
 とってのメリットがよく見えな
 い。これらの立場にとってのメ
 リットを強調するべきである。
● 指摘に合わせて、第I編2.1
 「システムアーキテクチャ策定
 の目的」を修正する。

策定技法に
係る意見
● オブジェクト技法を採用した
 メリットについて、明確に記述
 するべきである。
● オブジェクト指向分析手法の
 メリットについて第II編3.2
2 
 「制御モデル」で追記する。
● ITS内外に存在するシステム
 についても、同じ技法を用いて
 システムアーキテクチャを構築
 すれば、ITSとの整合性や互換
 性についての議論を容易に行え
 るというメリットについても記
 述するべきである。
● 第II編1.3「オブジェクト指
 向分析手法の採用」に加筆する
 。
 
 
 
 
論理アーキ
テクチャ、
物理アーキ
テクチャに
係る意見
● サブシステム間通信では複数
 の通信媒体が定義されているが
 、これらの優先順位をつける必
 要がある。
 
● システムアーキテクチャでは
 、将来にわたっての選択肢を幅
 広く用意する意味も含めて、可
 能性のある通信媒体を否定せず
 に併記することとした。
● 気象情報については、国民の
 生命や財産を未然に防ぐといっ
 た意味で、非常に重要な情報で
 あると考えられ、ITSの中でも
 積極的に議論の対象とするべき
 である。
● ご指摘のとおりと考えており
 、いくつかのサブサービスにお
 いて気象情報を取り扱うことと
 している。
 
 
標準化候補
領域に係る
意見
● 本編にある評価は、今回用い
 た特定の方法で行った場合の結
 果にすぎないため、その評価結
 果はあくまで一例である旨記述
 するべきである。
● 記述した方法は評価の一例で
 あるという主旨になるように第
 II編第5章「標準化候補領域の
 整理」を修正する。
 





別紙−2


         ― 「高度道路交通システム(ITS)に係るシステムアーキテクチャ」の構成 ―


システムアーキテクチャ各項目のタイトル




別紙−3

― システムアーキテクチャとは ―


システムアーキテクチャとは:
システムを構成する要素(技術や個
別システムなど)とその関係を表現
したシステム全体の構造(骨格)を
示すものであり、システムが全体と
して機能するよう設計開発するため
に必要不可欠なもの

― システムアーキテクチャの策定の目的 ―

1 統合的なシステムの効率的な構築
2 システムの拡張性の確保
3 国内・国際的な標準化の促進

― システムアーキテクチャの活用場面 ―


 システムアーキテクチャ策定の3つの目的を達成するため、以下6つの場面にお
いてシステムアーキテクチャを活用することが可能である。

1 ITSが実現する世界に係る共通認識の形成
2 プロジェクト等の開発・展開に係る計画の策定
3 ITS施策実現のための利用者サービスの組み合わせ・活用 
4 個別システムの設計・開発
5 標準化活動の促進
6 ITS研究等のための情報の利用


 Copyright (C) 2001 ITS情報通信システム推進会議